カウンセリングや病院を嫌う方への対処

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

人によっては精神科や心療内科に通院することを極度に嫌う方がいます。私の友人もそうでした。どう見ても躁鬱病(双極性障害)で苦しんでいるので、何度も病院に行くように言ったのでが、頑なに拒み続けます。

これは本当に困ったものです。

病院に行ったからすぐに治るというわけではないですが、カウンセラーや先生に話すことで気分が楽になったり、薬で症状が和らいだりできるのでぜひ行って欲しいというのが本音です。

だからといって無理やり病院に連れて行くのもどうかと思います。(自殺の兆候がある場合は別)

うつ病に人に無理やり何かをやらせても逆効果になると思ったほうが良い。一番良いのはパートナーの方が本人が自主的に病院に行くように誘導することです。

しかし、中々うまく行くもんじゃありませんよね。

じゃあ、治療はできないかといえばそんなことはありません。自宅でできる有効な治療方法があります。

それは、認知行動療法です。普通は病院やカウンセラーの方と一緒にやるのですが、自分で行うこともできます。

リンク:認知行動療法とは

認知行動療法は世界標準(グローバル・スタンダード)になっている治療法で日本でも2010年4月から健康保険が適応になりました。しかし、まだ治療を行える病院は少なく、とくに郊外ではあまり受けられる病院がありません。

認知行動療法の書籍は専門用語とか難しい事が多いので、うつ病の人にはちょっと厳しいです。どうしても体がだるかったり集中力が続かなかったりするので、パートナーに読めと言われても中々難しいと思います。

そこで、書籍なども多く出している心理カウンセラーの下園先生が出している プチ認知療法がオススメです。今まで認知療法を進化させ、自宅でも無理なくできるプログラムです。書籍ではなくDVDなので頭にも入りやすく、しかも、一人ひとりのうつの状態を聞いていくところからセミナーはスタートします。 先生は意見を無理に押し付けず、どのような状態になっているのか把握してからはじまります。

どうしても病院に行かないという方にプレゼントされてはいかがでしょうか。価格も9,800円なのでカウンセリングを受けたと思えば、すぐに元が取れる値段です。